外国人と話す時に注意する3つのこと

グローバル社会になってきて、外国人と話す機会が昔よりは圧倒的に増えてきましたよね。

 

そこで、ここでは、外国人と話す時に注意したい3つのことをご紹介したいと思います。

 

 

 

1.自分の意見を言う

 

日本人はどうしても、主張が強いと相手に悪い感情を与えてしまうなど、相手のことを思いやった上で、あまり自分の意見は言えません。

 

ですが、外国人は、お隣韓国であっても、もちろん欧米人はそうですが、必ず自分の意見を言います。

 

それが例え間違っていたとしても、いうことは言います。

 

ですので、あなたが意見を言わないでいると、どうしてそんなに意見を言わないのかと怒られることもあるかもしれませんので、きちんといえるような単語を身につけておくことがおすすめです。

 

 

 

2.笑って解決せず、わからなければ聞く

 

わからないことを言われたらすぐにYESと言っておけばいいやとか、笑ってごまかせと思ってしまうのはよくあることです。

 

ですが、それは外国人にとって不気味ととらわれることとなりますので、遠慮なく言っていることがわからなければ、わからないとか、もう1度言ってください、もしくは、もう少しゆっくり話してくださいと伝えましょう。

 

こんなことを言ってすぐに怒る人なんてほとんどいませんし、こういうことにもきちんと対応してくれる人が多いので、恥ずかしがらないでください。

 

 

 

3.長い・難しい言葉で話そうとしない

 

どうしてもハリウッド映画のようなリズミカルな会話をしたいなんて思ってしまいます。

 

スラングも使ったり、できるだけ長い言葉をできるだけすらすら言いたいと思うのは良いことですが、いきなりそういったことをするのはほぼ不可能です。

 

そもそも外国人は、短い文章を好み、わかりやすい単語を並べることが相手も理解しやすいので好まれます。

 

ですので、長く難しい話をしようとせず、わかりやすく短く話を伝えましょう。

 

 

 

皆さんも今までこうしていませんでしたか。

 

今後は外国人と話をする際、こんな点に気を付けてみてくださいね。