メキシコ人の意外な?!3つの特徴

アメリカの下にあるのに、日本人とはちょっと縁遠い?!そんな風に思われるメキシコですが、そんな国に住むメキシコ人の意外な特徴を3つ紹介しましょう。

 

 

 

1.かなり働き屋さん

 

ラテン諸国の人々というのは、今日あった嫌なことは明日には忘れていると言われますよね。

 

仕事よりもフィエスタに夢中だなんて思われがちですが、メキシコ人の場合、確かに今日のことは明日に良い意味で持ちこしませんが、定時が9~18時であれば、その時間に帰っている人は、少ないです。

 

50人会社にいたら大体1?2割程度で、他の人は毎日のように残業しています。

 

もちろん、その残業時間の程度は異なりますが、夜中まで働いている人だって多いのです(残業代が付く会社は少ないのにです)。

 

 

 

2.聞いたことには絶対に答えます!

 

これはちょっと面白いメキシコ人の特徴で、メキシコ人は、例えば道を誰かに聞かれて知らないのに答えようとします。

 

というのも、「わからない」という言葉が、相手にとって失礼だとか、ちょっと嫌な気持ちになるからだという考えがあり、必ず行きたい場所の行き方を間違ってでも伝えるか、そこら辺にいる人に一緒に聞きに行くなんてこともしてくれます。

 

 

 

3.車に詳しい

 

これは、メキシコ自体に原因がありそうであるといえるのですが、メキシコ人の特徴として、車に関してかなり詳しいです。

 

道で車が止まってしまった際、あなたならどうしますか。

 

まずはパニックになるでしょうし、その後の対処を知らない方は日本では多いです。

 

しかし、メキシコ人は、自分で車を道のわきに停めてボンネットを開け、だめな場所がどこかをチェックして、できることなら自分で修理します。

 

というのも、メキシコの道は悪いので、タイヤもすぐにだめになったり、車の故障にもつながるのです。

 

そういった時のための知識を身につけていないと車が運転できないので、車に詳しい人が多いです。

 

 

 

メキシコ人の意外な一面は、あなたが想像していたものとちがった特徴だったのではないでしょうか。

 

メキシコに行ったらこんな場面に遭遇するかもしれませんよ。