外国人と恋愛するのに言語習得が必須な理由

恋愛に対しての考え方は人それぞれですが、中には日本人男性よりも外国人との恋愛を楽しみたい人もいます。しかし、違う国の人と恋愛をするには日本人同士ではない大変な部分があります。ここでは言葉を習得する重要性について知りましょう。

 

・言葉などいらない、という幻想

 

 国際関係のコラムなどでもよく言葉は後からでいい。思いやりと優しさえあれば言葉が通じないでも愛し合う事はできる、などと書く人もいます。しかし、実際問題としてはそれは現実的ではないと言えるでしょう。

 

 人間同士のコミニュケーションが特に重要になる恋愛において言葉での意思疎通ができない事は致命的です。日本人同士で言葉の壁がなくても恋愛は大変なのです。それなら言語を習得しながら恋愛をすればいい、という意見もあるでしょう。

 

 しかし、まずは言葉が通じるというベースがあってそこから始めて恋愛できる状態です。ただ単に外国人に道案内できる程度の語学力では恋愛はできません。高度なコミニュケーションを必要とするのです。

 

 確かに恋は理屈でない部分もあり、言葉が通じなくてもお互いを好きになる事もあり得ます。しかし、言葉が通じないとそれで終わりです。深い恋愛関係に発展させていくには言葉の交流が大事になります。

 

 常に相手が何を言っているのかよく分からない、という状態では相手がどう思っているのか不安が付きまといます。恋愛をより深めてゆくゆくは人生を共にしていく人と出会いたいなら言葉の習得は欠かせないと言えるでしょう。

 

・言葉が話せると出会いが深まる

 

 言葉を流暢に話す事ができれば、他の日本人と差別化できます。外国人が日本人の恋人が欲しくても、言葉が通じない日本人には自分の事を深く話す事もできません。その点、自分が話す言語をよく理解してくれる日本人なら、自分の事をもっと話してみたい、と思うものです。

 

 そのため、より親密な関係になれて上手くいけば恋人関係になれる可能性が高くなります。

 

・言葉が壁があるまま結婚してしまう人

 

 言葉の壁があるままに結婚に踏み切る人がいます。しかし、結婚自体はできても相手の事もよく分からないままに結婚したのですから、うまくいかない事が多いのです。外国人と結婚したカップルの中には、喧嘩の時にもグーグル翻訳を必要としている夫婦もいます。

 

 お互いに言葉の壁をなくす努力は必要です。その壁を取り除く事ができないといつまでも満足のいくコミニュケーションができません。ストレスが溜まっていくと離婚する原因になってしまいます。

 

 外国人と恋愛関係になるためにも、出会いを深めるためにも、結婚生活を上手く送るためにも言語の習得は欠かせません。言葉など必要ない、は将来を共にしていくパートナーには通じない事を知っておきましょう。